英会話を簡単に身につける方法!

「英会話を簡単に身につけるには」をテーマに情報を載せていきます。

Mr. Roger Philipp, CPA 来日

英語でビジネスに興味の無い方はこの記事読まないで下さい。

英語を使ってビジネスと考えると
貿易商社、外資系企業、教育などなどがありますね。

今回は、英語を理解して日本または海外でその英語を使って
仕事をしていく。そんな資格をご紹介します。

ウィキペディアより抜粋
米国公認会計士(べいこくこうにんかいけいし、Certified Public Accountant、USCPA)は、米国各州が認定する公認会計士資格。単にCPAとも呼ばれる。

Certificate保有者というだけでは、USCPA試験合格者という立場であり、まだ米国公認会計士と名乗るだけの資格が与えられた訳ではない。米国公認会計士として名乗り、業務を行なうには各州ごとに登録申請することになる。州によっては実務の期間や追加の試験合格が求められており、この規定は各州ごとに異なっている。まず州によって実務期間の長短、有無があり、それとは別に意倫理試験(Ethics Exam)と言う簡単な試験が求められる州が存在する。カリフォルニア州のようにCertificateは発行されない州もあり、2-4年の実務経験の後にはじめてLicenceが交付される。こういった条件を満たして申請が認められれば州の営業許可であるLicenceが交付される。

試験を受け合格した州で得たCertificateと異なる州でのLicenceを求める場合は移動の申請を行なう必要がある。この移動は州間によって容易さが異なり、受け入れ側の州が移動元の州の「レベル」を低く見積もっている場合には困難が伴うことがある。

交付されたLicenceをいつまでも有効にするためには、定期的に講習を受け続けて、毎年のように変更される最新の会計ルールを身に付けておかなければならない。

外資系企業やグローバルに活動を展開する企業における海外進出や合併、再編など、米国の会計基準を使用するケースにおいて需要がある。

USCPA予備校であるRoger Philipp CPA Review
http://www.rogercpareview.com/
そのMr. Roger Philipp, CPA が来日します。

セミナーの詳細は
http://blog.livedoor.jp/officeamerica/