英会話を簡単に身につける方法!

「英会話を簡単に身につけるには」をテーマに情報を載せていきます。

米国直輸入の子どもオンライン英語教材

米国から直輸入された、小学低学年向けの子どもオンライン英語教材は、米国人プロの教育者に認められ、アメリカでも数々の賞を受賞している優秀なオンライン英語教材です。

すべてのカリキュラムがネイティブによって話されているので、正しい英語の発音がにつけられます。

アニメの登場人物の動きも米国アニメで表されているので、ソフトでスムーズな動きのリアル感が良いです。

バーチャル英語クラスルームでその場の雰囲気に浸りながら英語を学べるので実践的な英語力が身につけられ、いざというときでも英会話に困るということがないように工夫されています。

動物園や農場など自然環境の中でのインターラクティブなアクティビティが多く、ネイティブの英語をどんどん身につけられ、レベルアップしていけます。

楽しいゲーム、英語のストーリー、英語のパズル、英語でのアートなど、子どもの想像力と独創性を描きたてる英語のカリキュラムは本場アメリカだけでなく、日本でも大変好評で、利用されている方が多いです。

英語が身につかない

英語身につかない。
これだけ英語やっているのに英語が出来ない。
外人に道を尋ねられても英語で説明できない。
と悩んでいる人多いと思います。

それは勉強方法が間違っているからです。
英語を勉強するのではなく、英語を練習する。
とっさに英語が出てくるのは練習を重ねているからなんです。

練習しないでとっさに英語出てくるわけがない。

そしてネイティブが喋っている英語をそのまま覚えて
使わないと英語を喋っていても相手に失礼なことを言っているかもしれません。
日本語でもぶっきらぼうにしゃべる人いませんか?

やんわり喋る方法は英語だけではなく他の言語でも当然あります。

例えば、座ってください。
これを英語で言うと、
学校で勉強した英語では
Please sit down. 座れ!

これでは相手に上から命令していると受け取られてしまいます。

Please hava a seat.座ってください。

これなら相手に失礼ではありません。

ネイティブが日常で使う英語を覚え
とことん使い身に着ける。
これが英語身に着ける方法です。

ネイティブが使う英語フレーズ探せば
殆ど無料か格安で手に入れる事が出来ます。
探してみてください。

使うという事ですが、ネイティブと毎日しゃべるのが良いですが、
そう簡単にネイティブと喋ることできません。
そこで、鏡に向かって喋るのです。
最初恥ずかしいかもしれませんが、やり続けるとアッと気が付く日が来ます。
そん時すでに英語身についているのです。


英会話独学で身に着けるというサイト作成していますので、
是非参考にしてみてください。

英語は必須と子ども達に言い続けた

数年前に、子ども達に英語発音のDVDで毎日練習をさせた。
喜んでやっているように見えた。
フォニックス発音の練習なので、ネイティブ発音身についていると信じたい。
その後、ストーリーオンラインと言うサイトで俳優の方々が絵本の読み聞かせをしている。
それらを見ることを結構長い間続けた。

その後、最近は、ニュースで英会話を毎日やるように言った。
やったら、チェックするように用紙も用意した。

ラジオのニュースで英会話は、アカウントを取ることでいつでも聞くことができるし、
英文、日本文、そして難しい単語は意味とネイティブ発音までも聞くことができるのです。

動画でニュースを見ることができるし、2種類の速さで聞くことができるし、
ラジオの番組をも聞くことができるのです。

なじむまで、子ども達には続けて欲しいものです。

ニュースで英会話はすごい

ニュースで英会話ご存知でしょうか?
私は、ラジオの「ニュースで英会話」で存在を知った。
先日、何の気なしにテレビをつけた。そうすると、「ニュースで英会話」をやっているではありませんか?
楽しく勉強することが出来ました。

ラジオでは、午後1時15分から?午後3時?を聞いています。

時事英語で世界で起こっているニュースを聞けて、さらに英語も上達する。
これ以上ないですね。それに、番組のホームページでは、英語、日本語、難しい単語のネイティブ発音と意味まで知ることができるのです。音声も動画と2種類の速さでの音声そして、ラジオ番組そのものを聞くことができるのです。

それもこれ達は、ただなのです。
もちろん、登録しないといけませんが。

この番組で子ども達に言っているのが、シャドーイングをすること。
結構やってくれているのです。近い将来流暢に英語しゃべっているだろうと期待しています。

日常の英会話なら、英会話独学の教材ならネイティブイングリッシュがオススメがいい。

英語を身近に

英語を習おうとしたら、途中で挫折することが多い。
英語を身につけようとしたら、まず、「環境づくり」
英語が常に身近にある環境。
映画はバイリンガルで楽しむ。特に動詞の活用に注目する。
読書も原書を選ぶ。
原書と言っても難しい本ではなく、絵本から始める。
絵本とバカにしてはいけません。
絵本は小さな子が楽しめることに重点を置いている物なので
我々第2外国語として、英語を見る場合、絵本は最高の教科書となる。

私も数冊、英語の絵本を購入している。
http://www.storylineonline.net/

このサイトで英語の絵本の朗読を聞いて、すぐに数冊購入しました。
あなたが英語、あまり自信がなかったら、すぐにサイトへ行き、
数冊聞いてみてください。